ニュース

JR東日本、房総・鹿島エリア用に、新型車両E131系を新造・投入

2020.05.12
 JR東日本は、房総・鹿島エリア用に、新型車両を新造・投入することを決定した。この新型車両は、車内の快適性向上、お客さまへの情報提供の充実、バリアフリー化の推進を図るとともに、モニタリング技術を活用することで、安全性・安定性の向上を実現した車両になっている。
◎概要
■形式および編成数:E131系 2両編成を12編成、合計24両を新造。
■スケジュール:2021年春頃から営業運転を予定。
■投入線区
・内房線(木更津~安房鴨川)
・外房線(上総一ノ宮~安房鴨川)
・鹿島線(佐原~鹿島神宮)
■主な特徴
・客室の一部がセミクロスシート
・一部のドア上部に案内表示画面(17インチ)を設置
・各車両にフリースペースを設置。トイレを車いす対応大型洋式トイレとするなど、バリアフリー化を推進。
・各車両に車内防犯カメラを設置。非常通話装置を1両につき4か所に増設。
・車両側面にカメラを設置し、ワンマン運転に対応した機器を搭載。
・モニタリング技術を活用し、故障の予兆を把握。
・主回路機器に炭化ケイ素半導体素子を採用。消費電力を抑制し、環境性能を向上させる。
・房総の海をイメージした明るい青色と
・内陸を彩る菜の花の色をイメージした黄色の帯、前面は波しぶきをイメージした水玉模様をデザイン。
■外観
20200512203220-fa9abb5d7d1f185efff5ae78ce378850302157d0.jpg
JR東日本提供

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加