ニュース

KATO EF10(三次型)

2014.04.17


★「飯田線シリーズ」の一環として、同線を終の棲家としたEF10が製品化。

★製品は、丸みを帯びた車体と鋳鋼製台車枠が特徴の三次型をモデル化(付属ナンバーは21~24号機)。既発売の飯田線旧国ともマッチする1975年頃の豊橋機関区所属機がプロトタイプで、尾灯が妻面に埋め込まれた後年の形態とされている。ヘッドライトは電球色で点灯。

●塗装済完成品:7,500円+税


※製品の詳細等は2014年4月21日発売『RM MODELS』226号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加