ニュース

グリーンマックス 近鉄16000系

2014.01.23


★近鉄南大阪線・吉野線シリーズ第3弾として、16000系がリリース。

★実車は1965年、両線向けに設計された初の本格的特急車として登場。車輌限界に合わせ、他線区の特急車より若干小ぶりな車体を持つ。近年は16400系・16600系への代替も始まり、うち2連3本は大井川鐵道へ譲渡された。

★実車には貫通4連も存在するが、今回の製品は2連M付と同・Mなし、2+2の4連の3種。組成の違いだけでなく、後の更新などによる各編成の形態差も再現。乗降扉の数や扉幅、クーラーの形態、座席の色を作り分けているほか、2輌増結セット(第9編成)のみ前面の青色塗り分けが若干下まで伸びている点も見逃さずに再現している。

●塗装済完成品

2輌セット(M付):12,600円+税

2輌セット(M無):9,800円+税

4輌セット:19,400円+税


※製品の詳細・セット内容等は2014年1月21日発売『RM MODELS』223号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加