ニュース

KATO 24系〈北斗星〉デラックス編成

2010.12.17

★EF510 500番代(北斗星色)での牽引にぴったりな〈北斗星〉の、現行の編成がKATOより登場。

★これは2008年3月から1往復体制への移行に伴いJR東日本とJR北海道の各所属の個室車を中心に混成となった編成。

★製品は完全新規品となり、従来品が〈北斗星〉登場時の姿だったのに対し、後年多数組み込まれた個室車の各種を用意、またJR北海道所属車に入った金の縦帯をも再現される。

★また細かな箇所ではオハネフ25 200の引き戸タイプ、スシ24 500では客室寄りの調理室窓が埋められた姿を再現。室内ランプシェードは従来通り点灯。

★カプラーは同社の14系〈さくら〉、24系〈ゆうづる〉セットと同様に中間にはボディマウントのKATOカプラー伸縮密連型を装備。

★編成端部のオハネフ25とカニ24の機関車側にはアーノルトカプラーを標準装備し、付属交換用にナックルカプラーが付く。

〔価格〕

●塗装済完成品

6輌基本セット:13,650円

6輌増結セット:12,075円

〔セット内容〕

■基本セット:オハネフ25 2+オハネ25 562(デュエット)、スハネ25 503(ロビー、ソロ)+スシ24 505(グランシャリオ)、オロハネ25 502(ロイヤル、ソロ)、カニ24 505

■増結セット:オハネ25 563(デュエット)+オハネ25 566(デュエット)+オハネ25 552(ソロ)、 オロネ25 505(ツインデラックス)、オロハネ24 553(ロイヤル、ツインデラックス)+オハネフ25 215



  • このエントリーをはてなブックマークに追加