ニュース

マイクロエース 京成3050形

2011.01.24

★京成をはじめ北総鉄道や新京成など京成グループ全体で次世代主力通勤電車として位置づけられ2002年に登場した新3000形。既にマイクロエースからは各社の形式が発売済だが、花形の成田スカイアクセス 一般特急用の3050形が登場。

★実車は2010年に北総鉄道を延長する形で開業した成田高速鉄道(京成成田空港線)を経由する空港行き一般特急用として新製されたグループで、有料特急の〈スカイライナー〉と共に空港輸送に活躍。都営地下鉄を経由し京急線内にも顔を見せる。

★車体はブルーのグラデーション基調に赤い帯と航空機のシルエットのパターンがデザインされ、これらはモデルでも破綻なく再現。先頭車では実車に合わせた床下機器とするため床板を新規金型にて再現。

★ヘッド・テールライト、行先表示の点灯のほか通過表示灯をも点灯、もちろんON/OFFスイッチが付き、動力にはフライホイールが入る。

〔価格〕

●塗装済完成品

8輌セット:24,780円

〔セット内容〕

■3051-8+3051-7+3051-6+3051-5(M)+3051-4+3051-3+3051-2+3051-1



  • このエントリーをはてなブックマークに追加