ニュース

KATO 205系(埼京線/仙石線)

2010.07.26

New Model〔ここに注目!〕

★KATOから首都圏を南北に縦断する埼京線の205系と、仙石線の主力として活躍中の205系3100番代が、仕様を変更して再登場。

★埼京線仕様は103系の置換用として新製投入されたもの。後に山手線のE231系化に伴って6扉車サハ204が大挙して転属。大宮寄り2・3号車に2輌を組み込む編成が現れた。製品では川越車両センター第8編成をプロトタイプとし、ドア大窓のスタイルに、編成中のサハ204には試作車の902番も含まれる。今回はセットを5輌基本+5輌増結セットとし、販売形態を改定。

★仙石線の3100番代は、2004年に山手線の205系の改造によって誕生した番代。クハ205へのトイレ設置や半自動ドアスイッチなどの同線独特の仕様を持つ。最近ではパンタグラフが全車シングルアームパンタに変更され、一部編成では霜取り用としてパンタを2台に増設する編成も登場している。製品は以前発売されたM14編成を現在の仕様としてリニューアル。前回は霜取りパンタのみがシングルアームだったのが、集電側もシングルとなったのが大きな違い。保安装置のATACS化に伴ったアンテナの変更もポイントである。

★両編成ともJRマーク及び各種標記は印刷済。行先表示や優先座席などのステッカーが付属し、屋上機器付属品では信号炎管、無線アンテナ、避雷器が入る。





New Model〔価格〕

●塗装済完成品

 埼京線基本5輌セット:12,285円

 埼京線増結5輌セット:8,190円

 仙石線4輌セット  :12,495円





〔セット内容〕

■埼京線基本セット:クハ204-96+サハ204-902+モハ204-259(M)+モハ205-259+クハ205-96

■埼京線増結セット:サハ204-11+モハ204-260+モハ205-260+モハ204-258+モハ205-258

■仙石線4輌セット:クハ205-3114+モハ205-3114+モハ204-3114(M)+クハ204-3114

New Model

○埼京線



New Model

○仙石線


  • このエントリーをはてなブックマークに追加