ニュース

KATO DF50(四国型)

2010.10.22


★KATOのDF50にバリエーションとして四国型が加わった。

★1970年代中頃から九州、山陰、紀勢本線では同形機が次々撤退する中、四国では80年代初頭まで主力として活躍。定期旅客列車の牽引は1981年に、貨物列車においては1983年まで先頭の任にあたった。

★既に発売済の山陰・九州型との違いは、晩年に施工された帯状の前面補強が目立つ相違点。

★他にも側面雨樋の落とし口や幅広の解放テコを始め、重連運用のためのジャンパ栓が表現されたスカート廻り、パンチングメタルの屋上ランボードや撤去されずに残った第5軸の砂箱等が再現されている。

★その他の製品仕様は従来同様で、別売りのDF50メイクアップパーツセットにも対応。

★付属の車番は従来品から引継ぎインレタ方式で44・48・55・549号機と、それに対応する三菱、川崎のメーカーズプレートが付属する。



〔価格〕

●塗装済完成品:7,350円


  • このエントリーをはてなブックマークに追加