ニュース

マイクロエース JR九州813系

2010.10.22

★製品化例の少ないJR九州の新系列近郊型だが、今回813系が完成品で登場。

★実車は1994年、従来の近郊型電車の置換用として九州北部に登場。811系を基本にVVVF制御とし、ドーンデザイン研究所による斬新な内外装でイメージを一新した。

★300番代は鹿児島本線の増備車。客室内を中心に各種の改良が見られ、車体は後述の500番代に近い形態で屋上リブの本数なども100番代とは異なる。塗色は本系列デビュー時からの標準色。

★福北ゆたか線バージョンは、もと長崎本線系統の100番代2輌に新製の500番代サハを組み込んだ3連。両者ではクロス・ロングシートの違いのほか、窓廻りのリブの有無があり、モデルでも再現。

★いずれも良好なプロポーションとディテールで、九州独特の細かなレタリングの印刷も決まっている。300・500番代の窓はスモークガラスを表現。

★前・尾灯点灯(消灯可)。フライホイール搭載。それぞれ専用行先ステッカーが付属。

〔価格〕

●塗装済完成品

3輌セット:各13,860円

〔セット内容〕

■300番代:クハ813-301+サハ813-301+クモハ813-301(M)

■福北ゆたか線:クハ813-115+サハ813-502+クモハ813-115(M)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加