ニュース

マイクロエース 小田急9000形

2010.05.20

New Model〔ここに注目!〕

★斬新なスタイルで名を馳せた小田急9000形が、待望のプラ量産品としてリリース。

★実車は1972年、営団千代田線乗入用として登場。窓廻りを一段凹ませた、それまでの「小田急顔」とは一線を画する前面形状は、その後のいわゆる「額縁」スタイルと呼ばれるデザインの先駆けとなった。

★新製時は6連と4連が各9本登場。2000年より4連は2本ずつ併結、中間に入る運転台を撤去し8輌固定編成へと改造された。モデルではこの8輌固定化直後の菱型パンタ仕様と、2001年より採用されたシングルアームパンタ仕様の6輌編成の2種を用意。

★特徴的なライトリムは別パーツにより素材感を演出。前面扉脇手スリは6連+4連併結時の併結側と非併結側とで異なる形状を作り分ける。8輌固定改造車では元先頭車の撤去されたライト廻りも表現される。

★ヘッド・テールライトのほか前面種別・行先表示も点灯。編成前後ともON/OFFスイッチ付。フライホイール付動力を搭載。

★車番・標記、号車番号、優先席、弱冷房車表示などは印刷済で、6連には急行主体、8連には準急・各停主体の方向幕・種別シールが付属。室内灯は同社幅広タイプ対応。



〔価格〕

●塗装済完成品

シングルアームパンタ6輌セット:20,370円

8輌固定改造車8輌セット:24,780円



〔セット内容〕

■シングルアームパンタ:デハ9407+デハ9507(M)+サハ9557+サハ9657+デハ9607+デハ9707

■8輌固定改造車:デハ9005+デハ9105+デハ9205+デハ9305+デハ9006+デハ9106(M)+デハ9206+デハ9306

New Model

○シングルアームパンタ車(手前)、8輌固定改造車


  • このエントリーをはてなブックマークに追加