ニュース

KATO EF15

2010.02.24

New Model〔ここに注目!〕

★戦後の貨物用電機の代名詞、EF15。おなじみのKATO製品が完全リニューアル。

★製品は全202輌中、標準的な形態の46~129号機のうちの東芝製を模型化。1978年頃、高崎第二機関区所属の想定で、寒冷地仕様としてスノープラウ、ホイッスルカバーを標準装備するが、カバーなしのホイッスルも付属。スノープラウも取り外しできる。

★旧製品と比べ、完成度は大幅に向上。下廻りではエアタンクが車体側マウントとなり、台車のディテールも充実、車体~台車の「スケスケ」感が解消されたのが大きい点。車体も前面Hゴムはめ込みや要所要所の別パーツ化でメリハリを出し、寸法もスケール遵守で従来より短縮。運転台はシースルー。

★ヘッドライト点灯。フライホイール付動力ユニット搭載で、動輪全軸を駆動する。

★車番は選択式(79・96・97・111号機)。その他標記は印刷済。アーノルトカプラー標準装備で、交換用ナックルカプラー付属。



〔価格〕

●塗装済完成品:7,140円

New Model


  • このエントリーをはてなブックマークに追加