ニュース

マイクロエース 301系 登場時

2009.11.26

New Model〔ここに注目!〕

★黄帯、青帯とリリースされているマイクロエースの301系にバリエーションとして登場時の7輌編成としたモデルが登場。 

★同車は1966年の登場当時、アルミニウム合金車体に透明ラッカーで無色に塗られ、銀色に鈍く輝く車体に幕板部に総武線のラインカラーの帯とJNRのマークが2箇所にアクセントとして入るシンプルな姿だった。

★プロトタイプは登場時の川崎車輌製1番編成とし、落成時に掲げられた「オールアルミ電車・川崎車輌」のヘッドマークが方向幕と運番表示、JNRマークとともに印刷されたシールが付属。

★実車に倣いドア部と車体で、質感の違う銀色で塗装し材質の違いを再現。

★従来品にはなかった前面連結器廻りに、配管のディテールが追加され前面下部のボリューム感が増した。

★ライトは白色LEDを使用し、ヘッド・テールライトON/OFFスイッチが両先頭車とも運転台下に付く。



〔価格〕

●塗装済完成品

7輌セット:22,365円



〔セット内容〕

■クハ301-1+モハ301-1+モハ300-1+モハ301-2+モハ300-2(M)+モハ301-3+クモハ300-1

New Model


  • このエントリーをはてなブックマークに追加