ニュース

KATO オリエントエクスプレス’88

2009.01.22

NIOE 88

〔ここに注目!〕

★1988年にユーラシア大陸を横断して日本へ上陸、日本全国を走行して各地で話題を残し、今や伝説的にさえ扱われる「オリエントエクスプレス‘88」がKATOより登場。

★今回プロトタイプとなったのは、日本上陸時に交換した国内走行用のTR47台車を履き、編成前後に控え車としてマニ50、オニ23を連結した姿。

★オリエントエクスプレス各車の深い紺色の車体色は光沢感のある仕上げ。車体中央のシンボリックなレリーフは特種印刷による立体感あるもの。そのほか、各種サインや標記も美しく再現。

★各車内インテリアも可能な限り再現され、食堂車ではテーブルランプシェードが点灯。バーサロンにはグランドピアノ、プレデンシャルでは窓越しに覗くカーテンが再現され、豪華な旅の一幕がうかがえる。

★車端部分には上陸時の検査標記や東シナの所属標記も忠実に再現される、奥行きのある貫通ホロのほか、バッファーももちろん、台車の白色も再現される。

★カプラーは機関車側の編成端部と中間含めアーノルトカプラーを装備。台車マウントながらカプラーポケットの構造は従来と異なる。

★控え車のマニ50はKATOとしては新規の形式。本編成側には共通の貫通ホロとバッファーを装備、編成反対側の控え車オニ23も同じ装備を施してある。両車とも編成端部側のテールランプは点灯式。

★基本セットにはヘッドマークが付属。裏面形状をEF58に合わせたものと、EF65などその他の機関車向けに平面としたものの2種が入る。また実車を紹介した小冊子も同梱。



〔価格〕

●塗装済完成品

7輌基本セット:16,800円

6輌増結セット:14,700円



〔セット内容〕

■基本セット:マニ50 2236+WLA LX16-3487A+WLA LX20-3551A+WSP 4158DE+WR 3354D+D1286M+オニ23 1

■増結セット:WLA LX16-3472A+WLA LX16-3537A+WLA LX16-3480A+WLA LX16-3542A+ARP4164E+WLR YU3909A



NIOE 88



NIOE 88



NIOE 88



NIOE 88


  • このエントリーをはてなブックマークに追加