ニュース

KATO EF58 150(宮原運転所)

2009.04.20

JNR EF58〔ここに注目!〕

★EF58 150号機は20系誕生と同じ1958年、東芝府中工場の生まれ。EF58としては後期のタイプである。宮原運転所をねぐらとして各種旅客運用に活躍した。1985年に一旦除籍されたが、民営化に合わせて復活。JR西日本に継承され、宮原総合運転所に所属している。

★製品は〈さよなら20系客車〉牽引時の姿を専用車体で製作。小窓の前面、ビニロックフィルター化された側面通風器、取付位置の低いヘッドマークステー、短縮された前面ステップ、屋上SG風道の開口部、列車無線アンテナ、シューがパイプ状となったPS15形パンタなどで、1997年当時の150号機を再現している。

★車番は車体モールドのメッキ仕上げで、各種標記も印刷済。〈サロンカーなにわ〉〈味めぐり但馬カニスキ〉のクイックヘッドマークを含む。ヘッドライト点灯。カプラーはアーノルトを標準装備し、KATOナックルカプラーが付属。握り棒と一部屋上機器はユーザー取付となる。



〔価格〕

●塗装済完成品:6,825円


JNR EF58


  • このエントリーをはてなブックマークに追加