ニュース

マイクロエース 485系+クハ481-502〈にちりん〉

2009.05.20

JR Series485〔ここに注目!〕

★アンバランスな外観で知られた、かつての九州特急編成がマイクロエースから登場。

★クハ481-500番代は1984年の九州地区の特急列車増発に際し、不足する先頭車の補充のため、上越線を追われた181系2輌から改造されたもの。元の形式の違いから編成内で車体高さが段違いになった。JR化を挟んで1991、1993年にそれぞれ廃車となった。

★製品はクハ180-5改造のクハ481-502を組み込んだ編成で、JRマークとJNRマークの併存する姿が民営化直後の雰囲気を盛り立てる。

★クハ481-502は既存のクハ180に検電アンテナやホイッスル、列車無線アンテナを追加。ボンネットの天蓋は印刷表現。前面解放テコ廻りには黒で色差しがされている。

★他の485系も以前の各製品に準ずるが、キノコ型クーラーのサロ481-0番代、前面貫通型のクハ481-200番代が新たに登場。従来製品に揃えたディテール表現となっている。

★車番・標記は印刷済。側面方向幕と前面イラストマークはステッカーが付属。

★ヘッド・テールライト点灯(ON/OFFスイッチ付)。フライホイール付動力ユニット搭載。室内灯は幅広に対応。



〔価格〕

●塗装済完成品

7輌セット:19,950円



〔セット内容〕

クハ481-502+モハ484-272+モハ485-170+サロ481-54+モハ484-261(M)+モハ485-159+クハ481-237

JR Series485


  • このエントリーをはてなブックマークに追加