ニュース

京急デハ230形デハ236号が38年ぶりに京急電鉄へ

2017.04.25
 京浜急行電鉄株式会社は、埼玉県川口市の青木町公園総合運動場において保存・展示されてきた京急デハ230形(236号車)を譲り受け、38年ぶりにふるさとである京急電鉄に戻ってくることを発表した。
 これを記念し、2017年4月26日(水)~5月28日(日)までの期間、230形への思い出写真・メッセージを募集する。また、埼玉県川口市の川口市立科学館にて、2017年5月21日(日)まで開催されている特設コーナー「ありがとう 京急デハ230形236号~また 会う 日まで~」のリーフレットを京急線各駅(泉岳寺駅を除く)で配布し、期間中リーフレットを川口市立科学館に持参すると各日先着30名に、京急オリジナルグッズをプレゼントする。さらに、2017年5月28日(日)に、京急ファインテック久里浜事業所で開催される「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」に特設ブースを設置し、埼玉県川口市へのお礼メッセージを募集し、同会場において、京急デハ230形(236号)引継式を実施する。
 今後、この車輌の活躍期を知る京浜急行電鉄OBの知見を活かしながら、株式会社総合車両製作所の協力により、2019年秋に横浜市のみなとみらい地区に建設を予定している京急グループ本社ビル(仮称)の1階にて保存・展示をすることを目標に整備し、復元をすすめる予定となっている。

詳しくはこちらを参照


京浜急行電鉄 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加