ニュース

養老鉄道「”ラビットカー”運転体験」実施

2017.03.10
 養老鉄道では、第16回イベント企画として、2017(平成29)年4月29日(土)・30日(日)の2日間、606号車-506号車の2輌編成”ラビットカー”の電車を使用して、大垣車庫内において運転体験を実施する。
○実施日時
 2017(平成29)年4月29日(土)・30日(日)
 12:00~15:30(予定)
 ※悪天候や異常時は、運転体験を中止することもある。
○申込期間
 2017(平成29)年4月13日(木)必着
○実施場所
 大垣車庫(西大垣駅に隣接)
○運転体験実施車輌
 ”ラビットカー”(606号車-506号車)
 1957(昭和32)年、近畿日本鉄道南大阪線の高性能通勤車として新造し、愛称を”ラビットカー”と名付けられた。唯一現存する車輌は1963(昭和38)年製。
○参加資格
 中学生以上
○料金
 1人 10,000円(運転体験証明書、写真代・参加記念品含む)
○募集人員
 各日16名 計32名(申込多数の場合は抽選とする)
○内容
(1)運転体験前に、電車の動く仕組み、運転業務などに関する学科教習を行う。
(2)現役運転士の指導のもと、運転機器の操作習熟および走行体験約100mを1人2回行う。
(3)車輌に装備されている機器を使用して、車内放送および扉開閉操作を行い、車掌体験を行う。
○申込方法
 申込用紙(駅備付のパンフレットまたは養老鉄道ウェブサイト参照)に所定事項を記入のうえ、郵送またはFAXにより養老鉄道へ送付する。
 応募者多数の場合は、抽選を行い、4月17日(月)までに運転体験参加者に連絡する。

養老鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加