ニュース

てっぱくリニューアル第1弾「DD13形式ディーゼル機関車」展示開始

2017.02.17
 鉄道博物館では、2018年夏の新館オープンに向け、本館のリニューアル工事を行っているが、リニューアル第1弾として、展示場所の整備を行うため一時的にJR東日本大宮総合車両センターに預けていた「DD13形式ディーゼル機関車」について、3月18日(土)より鉄道博物館敷地内での展示を開始する。
 DD13形式ディーゼル機関車の展示に先立ち、2月25日(土)に、同車輌を鉄道博物館に搬入する。この様子は一般の方も見ることができる。
 これにあわせ、現在、同箇所に展示されているキハ11形式気動車について、同車輌の展示開始に先立ち、車体の小移動、車輌塗装を実施した。なお同車輌は、今後は静態保存車輌として展示される。
【DD13形式ディーゼル機関車の展示開始について】
○開始日時
 2017年3月18日(土)10:00
○展示場所
 鉄博ホール横
 ※キハ11形式気動車と前後に並べて展示する。
○展示方法
 車輌周囲から見学ができる。運転室など車内の見学は不可。
【DD13形式ディーゼル機関車の搬入について】
○実施日時
 2017年2月25日(土)10:00頃から30分程度
○搬入場所
 鉄博ホール横
○見学方法
 パークゾーンより、入館料のみで見学することができる。
※展示準備作業の都合などにより、展示開始および搬入日時が急遽変更になる場合がある。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


鉄道博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加