ニュース

東京メトロ 銀座線01系車輌引退

2017.01.27
 東京地下鉄株式会社では、銀座線01系の営業運転を2017年3月10日(金)でもって終了することを発表した。
 銀座線01系は1983年にデビューし、1編成6輌38本(合計228輌)が製造された。1985年8月にローレル賞を受賞している。2012年から導入されている1000系に置き換えられ、33年間の歴史に幕を閉じる。
        ▼銀座線01系車輌 画像提供:東京地下鉄
20170130104544-2be05bef87ca8156b62f3700f6d4a026b706e353.jpg◆最終営業日
 2017年3月10日(金)
◆最終営業車輌
 01-130編成(1991年製造)
 ※この編成は2月24日(金)まで、熊本県の復興を支援することを目的とした”くまモンラッピング電車”として運行している。
◆保存状況
・動態保存
 01-101編成3輌(中野車両基地)
        ▼動態保存してある01系車輌 画像提供:東京地下鉄
20170130104709-057e2451e8ea5fb006ce7f638356b0840858fdb1.jpg・静態保存
 01-129編成の運転台(地下鉄博物館)
 2016年7月の地下鉄博物館開館30周年を記念して、01系車輌の運転台カットモデルとして展示されている。
        ▼運転台カットモデル 画像提供:東京地下鉄
20170130104853-3367317b8a3c916f5c3b4ca0d8c5e5c6450d3906.jpg
◆他鉄道会社への譲渡状況
 譲渡先:熊本電気鉄道株式会社
 先頭車の01-136号車と01-636号車が2015年3月から営業運転を始め、その1年後の2016年3月には01-135号車と01-635号車も活躍の場を熊本に移した。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


東京メトロ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加