ニュース

大糸線に「駅ナンバー」導入

2016.12.08
 JR東日本長野支社では、12月12日より大糸線(松本~南小谷間)に「駅ナンバー」を順次導入する。
 グリーンシーズンの立山・黒部アルペンルートやウィンターシーズンのスキーなど、年間を通じて多くの訪日外国人客に利用されている同線の現状を踏まえ、駅名の中国語(簡体字)・韓国語表記も行う。
◆対象路線
 大糸線
◆対象駅
 松本~南小谷間の34駅
◆導入時期
 2016年12月12日(月)以降、順次導入。

詳細はこちらを参照(PDF形式)


JR東日本長野支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加