ニュース

阪急トラベルサポート ひたちなか海浜鉄道車両基地見学ツアー・イベント新商品

2016.11.08
【「ひたちなか海浜鉄道」全面協力で実現! 車両基地見学日帰りバスツアー】
 阪急トラベルサポートでは、ひたちなか海浜鉄道全面協力の下、普段は一般公開されていない那珂湊にある車両基地を見学する日帰りバスツアーの募集を開始している。
★ツアーポイント★
①茨城県勝田駅~阿字ヶ浦駅を走るローカル線「ひたちなか海浜鉄道」の全面協力で普段は一般公開されていない那珂湊にある車両基地を特別見学。
②保存車輌や工事車輌も見学。ひたちなか海浜鉄道が保有する車輌や工事用牽引車、砕石運搬用貨車を乗車可能。
③車輌がどのように点検・整備されているのか、職員さんによる解説付き。
④車両基地内も写真撮影OK! 運転席に座って記念撮影も可能。
⑤「撮り鉄」でなくてもシャッターを押したくなる、途中バスを止めてひたちなか海浜鉄道ならではの原風景の中にローカル列車が走る美しいコラボレーションを楽しめる。
⑥ひたちなか海浜鉄道オリジナル「クリアファイル」をプレゼント。
⑦那珂湊駅で「駅猫おさむ」が皆様を出迎える。
◆コースタイトル
 <新宿・東京発>特別企画! ひたちなか海浜鉄道 車両基地見学 日帰り
◆出発日
 2016年11月27日(日)・12月3日(土)
◆発着地
 新宿駅(8:30発)・東京駅(9:00発)
◆旅行代金
 1名 8,990円(6歳以上)
◆コース番号
 A3165A
◆募集期間
 各日出発の4日前
◆ツアー申込・詳細について
 ⇒こちらから
【鉄道好きのための都内運河貸切クルージング(目黒川編)】
 天王洲を出発して目黒川に架かる鉄道橋をくぐり東急目黒線付近で折り返す貸切クルージングイベント。鉄道やモノレールを普段は見ることのできない角度から楽しめる。おすすめ撮影スポットでは船を停めて撮影タイムを設ける。船は屋根がついていないので、走る列車や鉄道橋を見上げることができる。
★ポイント★
・見上げる角度で楽しめる屋根のない運河船に乗船。
・天王洲から出発。大崎を過ぎ五反田まで船をすすめる。
・山手線や新幹線などの電車の高架下をくぐり、目の前で電車の迫力を感じることができる。
・大崎駅、五反田駅付近では、普段は見下ろしている運河から、逆に街の風景を見上げる風景が楽しめる。
・約20の橋があり、青や緑、黄の色とりどりの橋、神社の参道になっている橋やアーチ状に架かる橋などを見られる。
・運行中は目黒川沿いの文化や歴史の解説に耳を傾けながら思い思いの写真を撮影可能。
・おすすめ撮影スポットでは一時船を停止し、撮影に集中できるよう時間を設ける。
◆タイトル
 <現地集合・現地解散>運河から見上げて撮る鉄道景色 貸切クルーズ~目黒川編~
◆開催日
 2016年12月17日(土)、2017年2月18日(土)
◆集合場所
 天王洲ヤマツピア(天王洲アイル下車徒歩5分)
◆イベント参加費
 1名 4,990円(6歳以上)
◆イベントコード
 A70005
◆募集期間
 各日開催日の4日前まで
◆申込・詳細について
 ⇒こちらから
 
【鉄道好きのための都内運河貸切クルージング(隅田川・神田川編)】
 浅草を出発して隅田川、神田川に船を進め、文化や歴史が残る万世橋を通り、飯田橋付近で折り返す貸切クルージング。おすすめ撮影スポットでは船を停めて撮影タイムを設ける。
★ポイント★
・吾妻橋を出発し、隅田川~神田川まで船をすすめる。
・秋葉原や御茶ノ水の街中をすすみ、御茶ノ水駅周辺では取り囲むように走る鉄道や鉄橋の世界を堪能できる。
・ドイツ式の鉄道橋梁では最古の部類に入る小石川橋梁の下も渡る。
・運行中は隅田川・神田川沿いの文化や歴史の解説に耳を傾けながら思い思いの写真撮影を楽しめる。
・おすすめ撮影スポットでは一時船を停止し、撮影に集中できるよう時間を設ける。
◆タイトル
 <現地集合・現地解散>運河から見上げて撮る鉄道景色 貸切クルーズ~隅田川・神田川編~
◆開催日
 2017年1月21日(土)、2017年3月11日(土)
◆集合場所
 吾妻橋船着場(浅草駅下車徒歩5分)
◆イベント参加費
 1名 4,990円(6歳以上)
◆イベントコード
 A70006
◆募集期間
 各日開催日の4日前まで
◆申込・詳細について
 ⇒こちらから
◆問合せ
 株式会社阪急トラベルサポート
 TEL 03-6745-7100 (月~金 09:30~17:30 ※土・日・祝日は休み)
 問合せフォーム⇒こちら

阪急トラベルサポート ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加