ニュース

JR西日本 山陽新幹線 相生~岡山間に保守基地を新設

2016.10.12
 JR西日本では、新幹線における安全・安定輸送の維持を目的として、地上設備の更新および地震対策などがより効果的に実施できるよう、保守作業の拠点となる基地を新設する。保守基地の新設は、山陽新幹線の開業以降、初となる。
■施設予定地
 山陽新幹線 相生~岡山間(兵庫県赤穂市)
(岡山保守基地から44km、姫路保守基地から38kmの位置)
■規模・主な設備
(1)規模
 用地面積 約23,900平方メートル
 留置線総延長 約1,600メートル
(2)主な設備
 クレーン設備、バラスト積み込みおよび取卸設備、検修庫、資材置き場、給油設備など
■効果
 現行の作業時間と比較して、最大で約3倍(約60分→約180分)の時間が確保できる見込み。
■完成予定
 2021(平成33)年3月

詳しくはこちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加