ニュース

四国DCにあわせて高知地区で「トロッコ列車」を運転

2016.09.16
 JR四国と土佐くろしお鉄道では、2017(平成29)年4~6月の「四国デスティネーションキャンペーン」の開催にあわせて、「高知駅~ごめん・なはり線」区間においてトロッコ列車の運転を実施する。
◆運転区間
 JR土讃線高知~土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」安芸・奈半利間
【理由】
 2017(平成29)年春の土讃線新観光列車”四国まんなか千年ものがたり”の運転にあわせて、琴平~大歩危間で運行している”絶景!土讃線秘境トロッコ”が今秋でラストランとなる。そこで、雄大な太平洋を窓ガラスのない開放的な車輌でゆったりとした鉄道旅を満喫出来る区間であることから選定した。
◆運転日(予定)
 2017(平成29)年4・5月の土日祝日(計21日)
◆運転本数
 1日2往復(予定)
◆使用車輌
 185系車輌+キクハ32(2輌編成)
 ※琴平~大歩危間で運行している”絶景!土讃線秘境トロッコ”車輌を使用
◆その他
 列車名称、停車駅、運転時刻、トロッコ運転区間、発売方法などの詳細については決定次第発表予定。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR四国 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加