ニュース

キヤノン 標準ズームレンズおよび超広角ズームレンズの2機種 発売

2016.08.25
 キヤノン株式会社は、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズとして、描写性能や操作性、堅牢性などにおいて最高水準の性能を追求したプロ向けの「L(Luxury)レンズ」「EF24-105mm F4L IS II USM」と「EF16-35mm F2.8L III USM」を10月下旬より順次発売する。
 「EF24-105mm F4L IS II USM」は、新製品の「EOS 5D Mark IV」(2016年8月25日発表)のキットレンズとしても販売される標準ズームレンズで、「EF16-35mm F2.8L III USM」は、画面周辺部まで高画質を実現する超広角ズームレンズ。両機種ともに、従来機種と比較してさらなる高画質を実現している。
●定番の標準ズームレンズ”EF24-105mm F4L IS II USM”
20160825152533-6a65dbf25411c2419ee8ae13204c81223a201a2e.jpg【主な特長】
・光学系の見直しと特殊コーティングの採用による高画質
・高画質化に加えて快適な撮影を可能とする利便性の向上
・動画撮影に適した絞り羽根の駆動速度を実現
■製品名
 EF24-105mm F4L IS II USM
■希望小売価格(税別)
 155,000円
■発売日
 2016年10月下旬
■生産本数
 12,000本/月
●画面周辺部まで高画質を実現する超広角ズームレンズ”EF16-35mm F2.8L III USM”
20160825152602-84597111416fdbf90f9bea1be2e29fb0f2a93b46.jpg【主な特長】
・特殊光学系などの素材を多数採用し高画質を実現
・特殊コーティングを2種類採用することによりさらなる高画質を実現
・メカ構造や防じん防滴部材などの見直しにより耐久性が向上
■製品名
 EF16-35mm F2.8L III USM
■希望小売価格(税別)
 299,000円
■発売日
 2016年10月下旬
■生産本数
 5,000本/月
◆問合せ
 キヤノンお客様相談センター
 050-555-90002

詳しくはこちらを参照


キヤノン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加