ニュース

大阪環状線・JRゆめ咲線専用新型車輌「323系」完成

2016.06.27
 2016(平成28)年6月24日(金)、近畿車輛株式会社にてJR西日本の大阪環状線・JRゆめ咲線専用新型車輌「323系」お披露目式典が開催された。
 JR西日本グループでは、2013(平成25)年度から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートし、大阪環状線のイメージ刷新とお客様満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開している。その重点施策の一つが、今回完成した大阪環状線・JRゆめ咲線専用新型車輌「323系」となっている。
        ▼お披露目された323系。 P:JR西日本ニュースリリースより
20160627164337-061ded378021d3fb8c5afb9b1c4aef7845b045a8.jpg◆開発コンセプト
 323系の開発にあたっては、輸送品質の確保と先進的なサービスによる快適性の向上、大阪環状線のイメージアップを図るため、「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安定輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」の4つをコンセプトが定められた。
◆主な特長
「安全・安心の向上」
・運転士異常時列車停車装置(EB-N機能★)
・衝突安全対策、車両異常挙動検知装置、戸挟み安全対策
・車内防犯カメラの試行設置(8号車)(※1)
「機器の信頼性向上(安定輸送)」
・運転台計器類、パンタグラフ等の二重系化
「情報提供の充実」
・案内ディスプレイ(各車輌に8箇所【16画面】★)
・訪日外国人への案内強化
(自動放送の2ヶ国語化、案内ディスプレイの4ヶ国語化★(※2)、無料公衆無線LANサービス)
「人に優しい快適な車内空間(※3)」
・バリアフリー対応の充実
(各車輌に車椅子・ベビーカースペース★、優先座席用個別肘掛け★)
・混雑車輌(大阪駅での天満方先頭車)での出入口スペース拡大★
・客室灯具LED化
★:JR西日本初
※1:1編成で試行設置(在来線車輌で初設置)
※2:案内情報を日・英・中・韓の4ヶ国語で表示
※3:空気清浄機を1編成で試行設置
        ▼323系室内の様子。 P:JR西日本ニュースリリースより
20160627164453-277e0b7c35f0aed831d794e0181aa1090af990c7.jpg◆車輌デザイン
・大阪環状線の電車として長年親しまれてきたオレンジ色を基調とした先進的な外観
・「大阪環状線改造プロジェクト」のロゴマークを先頭部および側面にデザイン
・ドアの位置や動作状況をわかりやすくするために、ドア上へ「大阪環状線改造プロジェクト」のロゴマークにちなんだ表記とドア先へ黄色のラインを配置
・女性専用車をわかりやすくするために車体ドア横カラーと客室内灯具の色調を変更
◆投入線区
 大阪環状線・JRゆめ咲線
◆投入車輌数
 168輌(8輌編成×21本)
◆投入時期
 2016(平成28)年度~2018(平成30)年度

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加