ニュース

"TRAIN SUITE 四季島"運行にあわせ姨捨駅に夜景・眺望を楽しむための施設を整備

2016.05.12
 JR東日本長野支社では、2017年5月1日から運行開始を予定している”TRAIN SUITE 四季島”の停車駅(1泊2日コース/春~秋)となる姨捨駅に、”TRAIN SUITE 四季島”利用者が夜景・眺望をゆったりと快適に楽しめる施設を整備する。
  ▼姨捨駅整備イメージ P:JR東日本長野支社ニュースリリースより
20160512170137-80312e561df543fea6da4ac5305ad0f2223eaa66.jpg◆整備の内容
(1)新しく整備する施設
 既存駅舎の隣に”TRAIN SUITE 四季島”利用者が滞在中に楽しむことができる施設を建設する。施設では、信州ならではのお酒などを堪能できる夜景バーを計画している。
(2)そのほかの整備
 跨線橋からも眺望を楽しめるようにし、上りホーム待合もリニューアルする。また、下り線ホームを”TRAIN SUITE 四季島”の車輌に合わせて嵩上する。
◆”TRAIN SUITE 四季島”(1泊2日コース/春~秋)について
 2017年5月1日より運行開始するクルーズトレイン”TRAIN SUITE 四季島”の1泊2日コース(春~秋)では、里山・棚田・ぶどう畑などのぬくもりのある風景や、その地に息づく工芸品の粋(すい)を味わう旅として、信州・長野県では姨捨駅に停車する。
※姨捨駅で今回整備する施設は、”TRAIN SUITE 四季島”利用者向けに当初整備を行うが、使用開始後はそのほか観光などでの活用を検討する。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本長野支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加