ニュース

村上悠太写真展「つなぐ旅」開催

2016.05.13
 2016年5月20日(金)~6月6日(月)、品川キヤノンオープンギャラリー2にて、村上悠太写真展「つなぐ旅」が開催される。
 これは、例年「6月1日写真の日」を記念して開催されている東京写真月間2016の国内展「「人と鉄路」心をつなぐみち」の一環として開催されるもので、この「つなぐ旅」を皮切りに、人と鉄道、生活などを大テーマに、6月23日まで4名の作家がそれぞれ4つのギャラリーで国内展のテーマに沿った作品展が開催される。
20160502123719-dcc15501095faba03a3f548526dbc1638da94f1d.jpg【展示概要】
「僕は鉄道が大好きだ。
 それは被写体としてはもちろん、乗り物としてもまた人と人の交差点としても好きである。鉄道は人が動かし、人を街へ職場へ学校へ、もしかすると僕を待つ誰かの元へ連れて行ってくれるとても素敵なものだと感じている。
 今、仕事として鉄道写真と向き合っていく中でどうしてもストレスも溜まれば、いきどおりを感じることもある。当然だ、仕事なのだから。ただ、それらを解消してくれるのもまた鉄道なのだ。だから僕はときおり鉄路に身を委ね、旅に出る。
 鉄道の旅のロマン、魅力とはなにか。それは誰にも知られず一人、旅人になれることだろう。そして、旅先で誰かと僕は出会う。
 行先の話、その土地の話、旅の話、鉄道の話。とにかく今までいろいろな人とたくさんの話をしてきた気がする。もちろん、その多くはその時だけのつながりだ。しかし、もしかしたらそのぐらいのつながりが旅の道中にはちょうどよいのかもしれない。
 その土地にはその土地ごとにかけがえのない生活があり、そこに生きる人々の日常がある。そしてその日常の中には鉄道があり、鉄道の旅は僕にとってその日常たちに触れさせてくれるものにいつからかなっていた。
 日常と旅、息づく人々、鉄道、生活、そして自分。それらをつなぐすこし細くて長い旅を僕は今、生きながら続けている。そしてこれを残していくのが僕の写真生活になっていくのだろう。」
 本展示では35点のカラープリントを展示いたします。私が今日まで続けてまいりました、人と鉄道、その土地の日常と私、そして皆様とを「つなぐ旅」。ぜひお楽しみください。
■開催場所
 キヤノンオープンギャラリー2
 東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー2F
 JR品川駅(2階)港南口方面より徒歩約8分
 京浜急行品川駅より徒歩約10分
 TEL 03-6719-9021
■会期・時間
 2016年5月20日(金)~6月6日(月)
 10:00~17:30(日曜・祝日休み)
■入場無料
■イベント
 会期中の5月28日(土)15:00より会場内でギャラリートークを実施。自由参加、無料で特に定員を設けていない。

詳しくはこちらを参照


東京写真月間公式ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加