ニュース

若桜鉄道「昭和」イメージの観光車輌 導入

2016.03.23
 若桜鉄道株式会社と八頭町・若桜町は、若桜鉄道沿線の人・事・ものからイメージされた車輌「昭和」の車輌コンセプト・デザインを公表した。
 デザインは、水戸岡鋭治氏によるもので、外観は、川の青、水の青から車体を「青色」とし、原信太郎氏が作成した阪神電気鉄道311形を参考にしている。インテリアは、車内に木を可能な限り使用することで、人に優しく、時代の求める用と美を表現する。シンボルマークには、沿線で一番美しい、「桜」をシンボルマークとしている。
 これらのデザイン・コンセプトを元に車輌の設計などを進め、2017(平成29)年度末に1次車の施工を予定している。
  ▼外観デザイン案(イメージ) 提供:若桜鉄道株式会社
20160323185642-1e2520583311e831559aad073e85ad28a97f5241.jpg
        ▼ロゴタイプ・シンボルマーク案 提供:若桜鉄道株式会社
20160323185742-e33ffe8921026a1ed71e6c30746ad4f25bd28269.jpg

若桜鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加