ニュース

小田栄駅開業に向けて南武線車体帯・駅名標デザインをリニューアル

2016.02.25
 JR東日本横浜支社では、3月26日(土)に「小田栄駅」(南武線川崎新町~浜川崎間)が開業するのを記念して、南武線浜川崎~尻手間を走行する205系電車の車体側面の帯と座席シートをリニューアルするほか、車内照明をLED化し、抗菌タイプ吊り革に改良する。
 また、川崎新町、小田栄、浜川崎の各駅名標を「音楽のまち・かわさき」と「海」をイメージしたデザインにリニューアルする。
        ▼車体帯・車内のイメージ 画像提供:JR東日本横浜支社
20160225145836-8d9545a3a04253390e017a0edfb5b8380a12b657.jpg
20160225145909-352e965e58825c6501b8d5806cb91c6399cfc86c.jpg【南武線205系】
・リニューアル運行開始日
 3月19日(土)
・帯のデザインコンセプト
 五線譜を波立たせることで音楽と海を表現し、小田栄駅開業により浜川崎~尻手間で5駅になることから、5羽のカモメをクリーム色のシルエットで配置。
  ▼車体側面イメージ 画像提供:JR東日本横浜支社
20160225145933-cd1539def57beb20d0ed3fd4246b5884f7f89cbb.jpg

JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加