ニュース

Nikonデジタル一眼レフカメラ「D500」発売

2016.01.06
 株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルとなる「D500」を発売する。
20160106121014-40f83ffb062a9aa4f0c2f5a73627f7f55d6fc5a8.jpg           ▲ニコンデジタル一眼レフカメラ「D500」
            AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR装着時
 「D500」は、「D5」と同等の新世代の153点AFシステムを搭載。約10コマ/秒(※1)の高速連続撮影時にも確実に被写体を捕捉する。
 また、新画像処理エンジン「EXPEED 5」と新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーの採用で、静止画、動画ともに常用感度ISO 100~51200の広い感度域で高画質を実現している。
 さらに、プロフェッショナルのニーズに応える 4K UHD(3840×2160)動画や、カメラとスマートデバイス(※2)をシームレスにつなぐアプリ「SnapBridge」にも対応。
 撮影可能コマ数を向上させる「D500」用のマルチパワーバッテリーパック「MB-D17」(別売)も新たに発売する。
※1 AFモードがAF-C、1/250秒以上のシャッタースピード、電源が「EN-EL15」で、その他が初期設定のとき。
※2 iOS、Androidのスマートフォン、タブレット端末。
【発売概要】
■商品名
 ニコンデジタル一眼レフカメラ「D500」
■価格
 オープンプライス
■発売時期
 2016年3月予定
■予定生産台数
 当初月産 約2万台
 なお、「D500」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売する。
【D500 16-80 VR レンズキット】
 オープンプライス 2016年3月発売予定
 AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR付き
●「D500」の主な特長
1. あらゆる状況で高い被写体捕捉力を発揮する、新世代の153点AFシステム
2.約10コマ/秒で、200コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)まで撮影可能な高速
連続撮影
3. 軽快な撮影ができる、DX ならではの小型システム
4. プロフェッショナルのニーズにも応える4K UHD(3840×2160)動画
5. 常用感度 ISO 51200を実現し、ISO 1640000相当(Hi 5)までの増感も可能にした
新画像処理エンジン「EXPEED 5」
6. より快適な撮影を実現する、タッチ操作・チルト可動の高精細3.2型画像モニター
7. カメラとスマートデバイスをシームレスにつなぐアプリ「SnapBridge」に対応
8. 高速な有線LAN/無線LAN通信を可能にするワイヤレストランスミッター
「WT-7」(別売)を用意
・「WT-7」発売概要
 商品名 ワイヤレストランスミッター「WT-7」
 希望小売価格 120,000(税別)
 発売時期 2016年3月予定
◆問合せ
 ニコンカスタマーサポートセンター
 ナビダイヤル 0570-02-8000

詳しくはこちらを参照


ニコンイメージングジャパン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加