ニュース

北海道新幹線開業に伴う「青春18きっぷ」の取り扱いについて

2016.01.05
 JRグループでは、2016(平成28)年も「青春18きっぷ」を発売するが、3月26日の北海道新幹線開業以降も引き続き本州と北海道を旅行できる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を発売する。
【「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」発売について】
 北海道新幹線開業に伴いJR在来線区間が変更となる。このため「青春18きっぷ」の利用可能区間が変更となるが、本州エリアと北海道エリアを引き続き旅行できる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が発売される。
 「青春18きっぷ」を携行する方がこの券を利用することで、北海道新幹線奥津軽いまべつ(在来線との接続駅は津軽線津軽二股)~木古内間、および道南いさりび鉄道線木古内~五稜郭間を1枚に付き片道1回のみ乗車することができる。
(1)発売期間と利用期間
 「青春18きっぷ」と同一期間で発売する。利用は2016(平成28)年3月26日から。
(2)価格
 2,300円(大人・こども同額)
(3)発売箇所
 全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社で発売。
(4)利用方法
・このきっぷを利用の際は、有効な「青春18きっぷ」を携行していることが必要。
・1枚の「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」では1人片道1回のみの利用となる。片道あたりこども2人利用は不可。
・有効期間は乗車当日限り。
(5)きっぷの内容
・利用可能な路線
 北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間の普通車の空いている席、および道南いさりび鉄道線木古内~五稜郭間の普通列車が1枚につき片道1回のみ利用可能。
※奥津軽いまべつとJR在来線の接続駅は津軽線津軽二股となる。
※北海道新幹線と道南いさりび鉄道線との利用行程が連続していることが必要。
・乗り越し、途中下車などについて
 道南いさりび鉄道線の各駅で下車した場合は、道南いさりび鉄道線乗車全区間の運賃が別に必要となる(ただし木古内、五稜郭では下車可能)。
 北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間以外の区間にまたがって新幹線に乗車する場合は、新幹線乗車全区間の運賃および料金が別に必要。
※同一列車での乗車のほか、別の列車へ改札内で乗り継ぐことによって、区間をまたがって乗車する場合も、新幹線乗車全区間の運賃および料金が必要。
※北海道新幹線区間において、普通車指定席(指定席の交付)、グリーン車指定席、グランクラスを利用する場合は、乗車区間の特急料金、グリーン料金などのほか、運賃が必要。
・各種割引の併用について
 割引の併用はしない。
・払戻しについて
 払戻しは未使用かつ有効期間内に限る(手数料が必要)。
・きっぷを紛失した場合
 あらためてきっぷを購入する。なお、紛失したきっぷが発見されても払戻しは不可。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加