ニュース

JR東海 N700系車輌の改造工事が完遂

2015.06.26
 JR東海は、N700系にN700Aに採用されている機能の一部を取り込む改造工事を、平成25年4月より浜松工場にて実施しているが、このたびN700系全80編成について、改造工事が完遂することを発表した。実施された工事内容は、ダイヤが乱れた際に運行をサポートする定速走行装置、ブレーキ力を15%向上する中央締結ブレーキディスクや、地震発生時に停止に要する距離を1割程度短縮させる地震ブレーキシステムの搭載、車体傾斜区間拡大のための空気タンク増設である。
 これにより、JR東海保有の新幹線電車は平成27年度末の時点で、N700Aが25編成、N700系(改造)が80編成、700系が26編成となる予定である。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)

JR東海 ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加