ニュース

東京地下鉄日比谷線・東武スカイツリーライン新型車輌の形式と基本仕様が決定

2015.06.17
 6月17日、東京地下鉄と東武鉄道は、東京地下鉄日比谷線・東武スカイツリーラインの相互直通運転新型車輌について、形式名称と基本的な仕様を決定した。
 車輌形式名称は、東京地下鉄は13000系、東武鉄道は70000系とし、いずれも7輌編成(20m車体、4扉)となり、車輌機器や車内の主要設備について仕様の共通化を進めたことで、利便性・快適性の向上を図っている。
▼東京地下鉄13000系外観イメージ。
 画像:東京地下鉄・東武鉄道 ニュースリリースより
20150617174520-2d76999d7c31a351ef8a5f502ee51adbca33f7f9.jpg
▼東武鉄道70000系外観イメージ。
 画像:東京地下鉄・東武鉄道 ニュースリリースより
20150617174542-837b57a5dccbda1c7c3451ccaecdb8c1a07f8c29.jpg
 外観デザインは東京地下鉄13000系が、3000系や03系といった歴代の車輌を踏襲し形状にアレンジを加え、カラーリングは日比谷線をイメージした配色となっている。東武鉄道70000系では、20000系のコンセプトカラーであるロイヤルマルーンをもとに赤と黒の原色の帯が配されている。
 車輌設備には、車内の快適性を向上するために、クッション性の高い座席、騒音の少ない操舵台車、大型化された座席横の仕切り、58.0kWの冷房能力を持った冷房装置を採用する。各ドア上部に3画面ずつ17インチワイド液晶車内表示器を搭載し、乗換案内や駅設備案内を多言語で表示して海外からの旅客に対応するとともに、ニュースや天気予報といったより多くの情報を提供する。また、全車輌にフリースペースを設置して、車端部の座席はすべて優先席となる。
▼共通仕様となる車内(イメージは東武鉄道70000系)。
 画像:東京地下鉄・東武鉄道 ニュースリリースより
20150617174604-ba2490e2418d93f8a25e7a192d63b9f80a8ef062.jpg
 性能面では、永久磁石同期モーターの採用により、現在同線を走る東京地下鉄03系VVVFインバーター制御車輌、東武鉄道20050型VVVFインバーター制御車輌に比べ約25%の駆動系消費電力を削減している。
 これらの車輌は2016年から2019年度にかけて導入され、現在3扉車輌と5扉車輌(前2輌・後2輌)が混在する直通車輌をすべて置き換える。

詳しくはこちら (東京地下鉄・東武鉄道WEBサイト内 PDF形式)

東京地下鉄 ウェブサイト

東武鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加