ニュース

JR北海道 新型一般気動車の試作車(量産先行車)製作へ

2015.06.10
 JR北海道は6月10日、キハ40形の老朽取替用として新型一般気動車の新製を計画しているとともに、試作車(量産先行車)を製作することを発表した。
 試作車の製作輌数は2輌(予定)で、2017(平成29)年度の投入を予定している。投入後は走行試験等による二冬期の検証を行い、2019(平成31)年以降に量産車の製作を予定している。
 車輌の概要だが、キハ40形と同様に両運転台構造で単行運転を可能とし、ワンマン運転も可能とする。一方、設備面では冷房装置を設置し、車いすスペースや車いす対応トイレ等のバリアフリー設備を充実することでサービスの品質を向上を図る。また動力伝達方式は電気式で、同時期に投入を予定しているJR東日本の車輌と主な仕様が同一となる。
 なお最終的な製作輌数は、従来車輌の保有数140輌よりは下回る見込みである。

詳しくはこちら(PDF形式/JR北海道 ウェブサイト内)


JR北海道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加