ニュース

向谷実氏監修 〈北斗星〉感動のラストランを「ハイレゾ」で記念収録&再現

2015.03.27
 ソニーマーケティング株式会社は、3月13、14日をもって長きに亘る定期運行を終えた寝台特急〈北斗星〉が、最後に上野駅に発着する様子を「ハイレゾ」音源として記念収録する試みを実施した。その収録音源を、音楽ダウンロード・配信サイト「mora」にて数量限定で3月27日(金)より無料配信をしている。
        ▼画像提供:ソニーマーケティング株式会社
20150327161837-6dc668e7cb2c6d113328d4fa8e4d3f2de7c0ce0c.jpg
 去る3月13、14日、27年間におよぶ上野~札幌間の定期運行の歴史に幕を下ろした寝台特急〈北斗星〉。本音源では、多くのファンに見守られた最後の上野駅発着の様子を余すことなく収めている。収録ではハイレゾ音源に対応したソニーのリニアPCMレコーダー(PCM-D100)2台を上野駅ホームに設置。出発に際し咆哮のように悲しくも力強く鳴り響く警笛、唸るように鳴り響くブロワー、最後の旅の出発を一歩一歩踏みしめるかのように静かにゆっくりと通過するジョイント音、そしてラストランを見届けた約3,000人の地鳴りのような歓声など、あの日あの場所にあった「音」を忠実に再現している。
 今回の〈北斗星〉ラストラン音源収録の試みは、これまでにない臨場感や音の広がりを楽しめるハイレゾ音源ならではの強みを、音楽だけでなく様々なところで愛されている「音」そのものにも活かしてハイレゾの素晴らしさを伝えたいという想いから、熱狂的なレイル・ファンとしても知られる音楽プロデューサー向谷氏監修のもと、実施された。
              ▼向谷実氏 画像提供:ソニーマーケティング株式会社
20150327161928-ca770da9024a649aac719122cd0f7de55f98bb31.jpg
【機関車DF200-7000のハイレゾ音源も同時無料配信】
 さらに今回、〈北斗星〉だけではなく、機関車DF200-7000の音もハイレゾ音源化。通常立ち入ることができない機関室における音を収録した大変貴重な音源となっている。鉄道の音とは思えない迫力で唸るエンジン音やメリハリあるアイドリング音、タタンと微かに聴こえてくる客車の牽引音など、独特な鉄道車輌音から列車自体のメカニズムをも垣間見ることができる。こちらも「mora」にて3月27日(金)より数量限定無料配信している。
        ▼画像提供:ソニーマーケティング株式会社
20150327163050-03c5ff7c18970a987c3f5f7a4ff854b562cf4dc6.jpg
■数量限定無料配信音源について■
 各音源は数量限定の10,000ダウンロードとなる。
 ※各音源ダウンロード数が10,000件になり次第、終了とする。
→こちらを参照 http://blog.mora.jp/2015/03/27/hokutosei.html
【北斗星 ラストラン上野駅発着シーン】
(1)2015年3月13日 上野駅 入線音
(2)2015年3月13日 上野駅 出発音
(3)2015年3月14日 上野駅 到着音
(4)2015年3月14日 上野駅 車庫への回送出線音
 <収録協力:JR東日本>
【機関車 DF200-7000】
(1)アイドリング~加速~惰行~再加速音
(2)減速~停止音
(3)ハイアイドルモード切替え音
■今回収録に使用したハイレゾ対応製品■
 ソニー ハイレゾ対応 リニアPCMレコーダー PCM-D100
 より原音に近い自然な音場感を再現するDSD録音に対応。臨場感や空気感までを忠実に記録するポータブル リニアPCMレコーダー。
                 ▼画像提供:ソニーマーケティング株式会社
20150327163156-c2c0ec93f77a4ed70a992b6a3fd2eb64e530c75a.jpg
 ハイレゾの基本情報やハイレゾ対応のオーディオ製品情報、聴取環境の紹介など、ハイレゾ関連情報についてはこちら「ハイレゾ・オーディオサイト http://www.sony.jp/high-resolution/」を参照。

詳しくはこちらを参照


  • このエントリーをはてなブックマークに追加