ニュース

JR西日本 2015年3月春ダイヤ改正について

2014.12.19
 JR西日本では、2015(平成27)年3月14日にダイヤ改正を実施する。北陸新幹線(金沢~長野間)が開業し、金沢~東京間に速達タイプ〈かがやき〉と停車タイプ〈はくたか〉、金沢~富山間にシャトルタイプ〈つるぎ〉の運転を開始する。
 また、北陸新幹線開業にあわせて七尾方面に特急〈能登かがり火〉、福井方面に特急〈ダイナスター〉を新設し、北陸エリア各地において北陸新幹線を利用しやすいダイヤとするとともに、金沢で北陸新幹線と在来線特急の接続体系を整備する。
 そのほか、山陽新幹線では東海道新幹線の最高速度向上に伴う一部〈のぞみ〉の所要時間短縮、在来線特急では特急〈きのさき〉〈こうのとり〉の増発、近畿エリアでは大阪環状線の利便性向上などを中心とした輸送改善を実施する。
・金沢で北陸新幹線や特急〈サンダーバード〉〈しらさぎ〉と接続して、金沢~和倉温泉間を結ぶ特急〈能登かがり火〉を5往復運転する。大阪から和倉温泉に直通する特急〈サンダーバード〉1往復とあわせて6往復、概ね2時間に1本の特急列車を運転することにより、各方面から能登エリアへアクセスを向上させる。車輌は681系または683系6輌編成。
・朝時間帯に福井から金沢へ、夜時間帯に金沢から福井へ、北陸新幹線と接続する特急〈ダイナスター〉を3往復運転する。車輌は681系または683系6輌編成。
・北陸新幹線新高岡駅開業にあわせて、城端線高岡~二塚間に新駅「新高岡(しんたかおか)」駅を開業させる。
・北陸新幹線開業に伴い、特急〈はくたか〉金沢・福井・和倉温泉~越後湯沢間(全列車・全区間)、特急〈北越〉金沢~新潟間(全列車・全区間)、特急〈サンダーバード〉金沢~富山・魚津間、特急〈しらさぎ〉金沢~富山・和倉温泉間、特急〈おはようエクスプレス〉金沢~富山・泊間について、運転を取り止める。
・山陽新幹線の一部〈のぞみ〉について、東海道新幹線の最高速度向上(270km/h→285km/h)により、東海道・山陽新幹線を直通する、概ね毎時1本、上下計30本の〈のぞみ〉の所要時間を短縮する。これにより、東京~博多間は現行より3分短縮して最速4時間47分となる。
・特急〈サンライズ出雲〉が新規に伯備線備中高梁駅に停車する。
・山陽本線(糸崎~岩国間)・呉線で新型車輌227系の運行を開始する。呉線快速〈安芸路ライナー〉を中心に運行する予定。
・山陽本線広島~横川間に新駅「新白島(しんはくしま)」駅を開業させる。新白島にはすべての快速・普通列車が停車する。
・北陸本線寺井駅を「能美根上(のみねあがり)」駅に改称する。
・特急〈くろしお〉(381系・パノラマ車輌)について、2015(平成27)年3月ダイヤ改正以降に取替えを予定している。

詳しくはこちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加