ニュース

「A列車で行こう」展示&体験&オリジナルシナリオデータGet!!

2014.09.09

 株式会社アートディンクでは、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム企画展『鉄道×映像』(こちらも参照)にて、「A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム」と「A列車で行こう3D」の展示を行う。

 4Kモニターで映しだされる「A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム」を体感したり、「A列車で行こう3D」を実際に体験することができる。また期間中来場者には、SKIPシティ 映像ミュージアム限定のシナリオデータ(A列車で行こう3D用)を用意している。



○会期

 2014年9月6日(土)~12月28日(日)



○会場

 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム



○開館時間

 9:30~17:00(入場は16:30まで)



○休館日

 月曜日(祝日の場合は翌平日)



○入館料

 大人510円、小中学生250円(常設展含む)※未就学児無料



○主催

 埼玉県



○後援

 埼玉県教育委員会/川口市/川口市教育委員会/JR東日本大宮支社



○展示監修

 杉山淳一(鉄道ライター)



○公式ウェブサイト

 http://www.skipcity.jp/railways/



★SKIPシティ 映像ミュージアム限定シナリオについて

 本展示会にちなんだオリジナルのシナリオマップを鉄道ライターの杉山淳一氏が作成。シナリオデータをニンテンドー3DSで使用のSDカードにコピー可能。



・シナリオ名

 SKIPシティ

・クリア条件

 10年以内 路面軌道総延長100km

 12年以内 新幹線開通

・シナリオ内容



 SKIPシティをモチーフにした架空のマップ。マップ中央北側にSKIPシティがある。西側に南北方向の鉄道路線があり駅は「蕨」「西川口」「川口」の3ヵ所。バス路線、路面電車、地下鉄などで3つの駅とSKIPシティを結ぶ路線を作る。

 ゲーム開始年は1993年。高速鉄道の操業から1年後にあたる。国道122号線も作っているので、その地下に高速鉄道を作っても楽しめる。


企画展『鉄道×映像』 ウェブサイト


A列車で行こう9Version3.0プレミアム ウェブサイト


A列車で行こう3D ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加