ニュース

新幹線初のリゾート列車“とれいゆ つばさ”の運転開始について

2014.06.17

 JR東日本では、「山形デスティネーションキャンペーン(DC)」(2014年6月14日~9月13日)の開催に合わせ、7月19日(土)より“とれいゆ つばさ”の運転を開始する。

 「山形日和。=山形の一日(朝・昼・夕・夜)」の魅力を楽しんでいただけるような体験・滞在型の旅行と、“とれいゆ つばさ”による列車の旅を提案する。

 新幹線初のリゾート列車“とれいゆ つばさ”車内では、お座敷座席・ゆったりした座席・バーカウンター・足湯などの新しい魅力に加え、地域と連携した山形の「食・飲」を中心とした魅力も提供する。

 一般発売のきっぷで乗車いただけるほか、びゅう旅行商品で提供する「『山形の食・飲、足湯』をたっぷり満喫するコース」や「『山形の飲、足湯』をお手軽にご賞味いただくコース」など、“とれいゆ つばさ”のさまざまな楽しみ方を用意する。



▲P:JR東日本仙台支社ニュースリリースより



【列車について】

(1)列車名

 “とれいゆ つばさ”



▲P:JR東日本仙台支社ニュースリリースより



(2)運転区間

 山形新幹線 福島~新庄間



(3)運転時刻

〈とれいゆ つばさ1号〉

 福島10:02発→米沢10:36発→高畠10:44発→赤湯10:50発→かみのやま温泉11:08発→山形11:19着11:26発→天童11:37発→さくらんぼ東根11:45発→村山11:50発→大石田12:00発→新庄12:16着

〈とれいゆ つばさ2号〉

 新庄14:43発→大石田14:58発→村山15:14発→さくらんぼ東根15:22発→天童15:36発→山形16:11着16:13発→かみのやま温泉16:23発→赤湯16:45発→高畠16:52発→米沢17:07発→福島17:41着



※福島駅は在来線5番線ホーム発着となる。



(4)運転開始日 2014年7月19日(土)



(5)運転日

 7月19・20・21・26・27日、8月2・3・9・10・23・24・30・31日、9月6・7・13・14・15・20・21・27・28日

※9月13日の〈とれいゆ つばさ1号〉は〈とれいゆ つばさ91号〉(福島発9:32 新庄着11:57)で運転する。(運転時刻に注意)



(6)料金

 運賃のほか、普通車指定席特急料金が必要となる。



(7)発売日・発売箇所

・一般発売のきっぷ

 2014年6月25日(水)14:00より、全国のJRの主な駅、JRの旅行センター及び主な旅行会社で発売。

※7月19、20、21日運転分は2014年6月25日(水)14:00より発売。

※7月26日以降の運転分は、1カ月前の10:00より発売。

※「えきねっと」での申込みも同様。



・びゅう旅行商品

 2014年6月25日(水)14:00より、JR東日本のびゅうプラザ、主な旅行会社で発売。



【車内について】



(1)車輌の愛称“とれいゆ”

 「トレイン(列車)」とフランス語の太陽を意味する「ソレイユ」を合わせた造語。「食(太陽の恵みによる様々な食材)」「温泉」「歴史・文化」「自然」を温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しむ、というテーマが凝縮された列車であるという想いを込め命名した。



(2)エクステリアデザイン

 山形の中央にそびえる主峰「月山」をモチーフに、この土地のシンボルであるその姿をおおらかな円弧で表現した。

 カラーリングはテーマカラーの月山グリーンを中心に、山形の大動脈として流れ続けてきたもう一つのシンボル最上川の趣のあるブルーを先頭に配している。また特徴的な円弧のラインはこれまでの〈つばさ〉のイメージを踏襲しながら沿線の美しい山々をあらわし、全体を蔵王の清々しい白で包み込んだ。



(3)12~14号車 お座敷指定席(語らいの間)

 大きなカバ材テーブルとゆったりとした畳座席、天井や座席背板には山形のフルーツをモチーフとしたレリーフを装飾し、お客さまに優雅な旅の時間を提供する。

 “とれいゆ つばさ”オリジナル衣裳のアテンダントがバーカウンターやワゴンで厳選の飲み物やつまみ、スイーツ等を販売する。



(4)15号車 湯上りラウンジ(モノや人との出会いの間)

 畳のお座敷、本桜のテーブル、紅花色のバーカウンター、山形ゆかりの品を展示する有機ELパネルで構成した飾り棚、漆喰質の壁、石張りの小路が出会いの場を彩る。



(5)16号車 足湯(くつろぎの間)

 紅花色の湯船が石張りの小上がりにゆったりと2槽、黒塀のような側壁、木質ルーバーで囲われる湯の間。足湯で寛ぎながら車窓を眺める旅を演出する。

※足湯の利用は、びゅう旅行商品を利用の場合に限り、足湯利用券をあらかじめ購入いただける。

※当日の状況により、車内にて足湯利用券をお求めいただける場合がある。詳しくはアテンダントに要問合せ。

※足湯のお湯は温泉ではありません。



【車内サービスについて】



(1)バーカウンター

○ワゴンによる販売品に加え、バーカウンターではお客さまのお好みに応じた商品を取りそろえている。

○販売アテンダントは“とれいゆ つばさ”オリジナル衣装を着用。

○取扱商品

・地酒(1合瓶、4合瓶)

・山形県産ワイン(クォーターボトル、フルボトル)

・山形県産ジュース

・おつまみ、スイーツ

・お土産類



(2)ワゴン販売

○山形県産の地酒、ワイン、ジュース、つまみ等を厳選して販売する。

○販売アテンダントは“とれいゆ つばさ”オリジナル衣装を着用。

○取扱商品

・地酒(1合瓶)

・山形県産ワイン(クォーターボトル)

・山形県産ジュース

・おつまみ、スイーツ

・お土産類



(3)足湯(16号車)

・16号車の足湯はびゅう旅行商品利用の方に限り足湯利用券をあらかじめ購入することができる。

・足湯利用を希望する場合、びゅう旅行商品申込の際に係員に申し出ること。

・足湯を利用の方には、予め「足湯利用券」をお渡しする。

 指定時間に、16号車の係員(湯守アテンダント)に「足湯利用券」を渡し利用する。

・足湯の利用は1人約15分とする。(準備や着替えの時間を含む)

 時間の延長等は不可。

※足湯の利用は人数に限りあり。

※当日の状況により、車内にて足湯利用券を販売する場合がある。詳しくはアテンダン トに要問合せ。

※足湯利用はグループごとに申し込むこと。


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本仙台支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加