ニュース

「JR東日本アプリ」デビュー

2014.03.05

 JR東日本では、個々のニーズに応じたタイムリーな情報提供を実現するため、普及の進むスマートフォン向けアプリの開発を進めてきたが、3月10日(月)、「JR東日本アプリ」としてデビューする。

 「JR東日本アプリ」は、「列車まわり、ぜーんぶおまかせ。」というコンセプトのもと、スマートフォンを通じていつでもどこでもタイムリーにサポートする便利なアプリとなっている。



【JR東日本アプリの特徴】



○個々が欲しい情報に簡単にアクセス可能

 JR東日本アプリでは、よく利用する路線や駅の情報に簡単に素早くアクセス可能となる。「My路線」(※1)として登録することで、トップページで「My路線」の遅れや運転見合わせなどの運行情報を提供する。さらに、よく利用する駅を「My駅」(※2)として登録することで、その駅に関する様々な情報を簡単に検索可能となる。

(※1※2)「My路線」は10路線まで、「My駅」は10駅まで登録可能。



○運行に関する情報がさらに充実

 JR東日本の各路線の運行情報はもちろん、首都圏は路線図方式で運行情報を確認できる(首都圏の主要駅の改札付近に設置している「異常時案内用ディスプレイ」と同じ情報)。さらに、京浜東北線のリアルタイムな列車位置情報を確認可能。



○駅に関する情報もさらに充実

 JR東日本の各駅(約1,700駅)の構内図、時刻表、駅の施設(みどりの窓口の有無・営業時間、バリアフリー設備の有無、コインロッカーの有無)の情報、エキナカ・駅ビルに関する情報などを確認できる。

 なお、東京駅については、構内図からコインロッカーのリアルタイムの空き状況が確認できるとともに、さらに、Androidをお持ちの方は自身の位置を構内図上で把握できるようになる。



○走行中の山手線に関する情報を配信(山手線トレインネット)

 山手線については、「山手線トレインネット」として、利用者の乗車位置(号車)・区間にあわせた停車駅の情報(乗換路線、ホーム案内図、駅構内図)や乗車中(走行中)の山手線の各号車の混雑状況・車内温度が確認できるサービスを開始する。

 このサービスは、今年度内に3編成、来年度内に全編成で提供できる予定。なお、1編成目については、3月10日から5月31日までラッピングトレインとして運行する。また、本サービスを利用可能な編成の車内には、各ドアの上部にステッカーでご案内する。



◆サービス開始日

 2014年3月10日(月)



◆利用料

 無料(なお、通信にかかる費用は利用者負担。)



◆利用できるOS

 iOS(iOS6.0 以上)

 Android(Android OS 2.3.3/Android OS 4.0.3 以上)



◆ダウンロード方法

 iOS:App Storeで「JR東日本アプリ」と検索し、ダウンロードする。

 Android:Google Play で「JR東日本アプリ」と検索し、ダウンロードする。



◆その他

 「JR東日本アプリ」の特別サイト(URL:http://www.jreast-app.jp )を開設。


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加