ニュース

「地下鉄における地下空間の秘密展」開催

2014.03.03

 地下鉄博物館において、3月11日(火)より開催される特別展「地下鉄における地下空間の秘密展」では、地下鉄建設により生まれた地下空間の秘密を紹介する。地下鉄建設後の地下空間には、駅設備や商業施設などの他にも、お客様からは見えない鉄道を運行するための設備や、現在は留置線として使用されている新橋駅の幻のホームなど様々なものが数多くある。地下鉄の地下空間にはどのような施設や設備があるのか、また、普段見ることの無い施設や設備にはどのような秘密があるのかをパネル展示などにより紹介する。



○企画名

「地下鉄における地下空間の秘密展」



○期間

 2014(平成26)年3月11日(火)~4月20日(日)



○場所

 地下鉄博物館 企画展示コーナー



【地下鉄博物館について】



○場所

 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-3-1

 東京メトロ東西線 葛西駅高架下

 TEL 03-3878-5011(10:00~17:00)



○開館時間

 10:00~17:00(入館は16:30まで)



○休館日

 毎週月曜日(祝日・振替休日となる場合はその翌日)

 年末年始 12月30日~1月3日



○入館料

 おとな 210円 こども100円(満4歳以上中学生まで)


こちらを参照(pdf形式)


東京メトロ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加