ニュース

103系をモチーフにした「ビエラ玉造」オープン

2014.02.20

 JR西日本グループでは、魅力あふれる大阪環状線をつくり上げるべく、「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートさせ、鉄道の機能充実を図り、お客様満足度の向上を目指すとともに、駅構内や高架下商業施設の開発・リニューアルによって、新たな価値を創出する施策を重点的に取り組んでいる。

 この度、プロジェクトの一環として、玉造駅において昨年9月から着工、開発を進めていた「ビエラ玉造」が、2014(平成26)年3月18日(火)に開業する。

 なお、建物の外装は大阪環状線で長く親しまれているオレンジ色の103系車輌をモチーフにしたデザインとしている。



▲「ビエラ玉造」外観イメージ

P:JR西日本


こちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加