ニュース

中央線新型特急電車(E353系)量産先行車新造について

2014.02.04

 JR東日本では、老朽化した中央線特急E351系の取替を目的に、性能評価や技術検証を行うために中央線特急用の新型車輌(E353系)の先行車を製作する。

 先行車は「基本9輌編成」、「付属3輌編成」の計12輌製作し、2015年夏以降に落成する予定。



▲E353系量産先行車(イメージ)

画像提供:JR東日本



○デザインコンセプト

  「伝統の継承」と「未来への躍動」をコンセプトとして、あずさのDNAを引き継ぎながら、日本の中央を走る新時代のダイナミズムを表現し観光・ビジネスユースに対応したデザインとしている。



○量産先行車の特徴

・「空気ばね式車体傾斜方式」を採用し、現行E351系「振り子式車体傾斜方式」と同等の走行性能を実現する。

・動揺防止装置(一部先頭車・グリーン車)を採用することにより、乗り心地を向上する。

・室内照明にはLEDを採用し、消費電力の低減を図る。

・車体はアルミニウム合金製。



○運用区間

 中央本線(東京~塩尻)

 篠ノ井線(塩尻~松本)



【中央線新型特急電車E353系量産先行車の概要】



◆コンセプト

・外観は伝統の継承、未来への躍動。

・内装は南アルプスと梓川の「きよらかさ」、ビジネスの「機能性」とレジャーの「高揚感」。



◆車内環境

・走行中の振動を低減する動揺防止装置を一部の先頭車とグリーン車に搭載し、乗り心地を向上する。

・静粛性を向上した床構造とする。

・空気清浄機を設置し、快適な車内空間を提供。

・空調を個別吹き出しとし、各座席で風向きと風量の調整をできるようにする。



▲E353系グリーン車室内(イメージ)

画像提供:JR東日本



◆観光・ビジネスユース等への対応

・各座席にパソコンを置けるテーブルとコンセントを設置。

・車内案内表示器にフルカラーLEDを採用し、行先・停車駅案内等のほか運行情報やニュースなどを配信。



▲E353系普通車室内(イメージ)

画像提供:JR東日本



◆車内設備

・改良型ハンドル形電動車いすが利用可能な大型トイレ・多目的室・車いすを固定可能な座席を設置。

・各客室とトイレ内には乗務員と連絡可能な非常通話装置を設置する。

・各客室の出入口に防犯カメラを設置する。

・自動体外式除細動器(AED)を1編成に1台設置。


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加