ニュース

水と大地の贈り物“越乃Shu*Kura”デビュー

2014.01.27

 JR東日本新潟支社では、地酒王国・新潟が誇る「酒」をコンセプトとして「乗る」こと自体が目的となるような新しい列車“越乃Shu*Kura”がデビューする。「酒蔵」をモチーフとした車内には、さまざまな座席やサービスカウンター(売店)、イベントスペースが設けられる。



▲外観イメージ P:JR東日本新潟支社ニュースリリースより



■列車名

 快速「越乃Shu*Kura」(コシノ シュクラ)

 (越乃=越後、Shu=酒、Kura=蔵、*=米・雪・花)



■編成等

 キハ48・40系気動車3輌・全車指定席(定員70名)



■運行開始

 2014年5月2日(金)



■運行線区

 信越本線高田駅~飯山線十日町駅



■車体デザイン・車輌の特長

 外観カラーリングは、伝統色の「藍下黒(あいしたぐろ)」という青みを帯びた黒に白を組み合わせ、凛とした「新潟の風土」をイメージ。

(1号車)展望ペアシート、くつろぎペアシート、らくらくボックスシート、フリースペースを配置。

(2号車)イベントスペース、サービスカウンター(売店)、酒樽をモチーフとしたスタンディングテーブルを配置。

(3号車)リクライニングシート、フリースペースを設置。



▲展望ペアシートとサービスカウンター(イメージ)

P:JR東日本新潟支社ニュースリリースより



■車内サービス

 “越乃Shu*Kura”は、「酒」にゆかりのある新潟のスペシャリストであるコーディネーターの提案を取り入れながら、乗客が楽しめる車内サービスを提供する。

○総合ディレクション・酒と食のコーディネート

 作家・酒エッセイスト 石坂 智惠美(いしざか ちえみ)

○酒のコーディネート

 酒食探究家 古澤 布美子(ふるさわ ふみこ)

○美のコーディネート

 新潟ビューティー・エデュケーター 庭山 仁美(にわやま ひとみ)


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本新潟支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加