ニュース

キヤノンデジタル一眼レフカメラ初のホワイトボディー “EOS Kiss X7(ホワイト)”発売

2013.11.14

 キヤノンは、APS-Cサイズセンサー搭載機で世界最小・最軽量を実現したエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」のカラーバリエーションとして“ホワイト”を新たに追加し、2013年11月下旬より発売する。



 小型・軽量な「EOS Kiss X7」のボディーに、光沢を抑えた高品位なホワイト塗装を施すことで、一眼レフカメラにふさわしい高級感を保ちながら、軽快感がより引き立つデザインに仕上げている。

 EOS Kiss X7(ホワイト)は、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と、本体と同じカラーに仕上げた単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM(ホワイト)」のダブルレンズキットという商品構成で販売する。本体とEFレンズシリーズ最薄・最軽量の「EF40mm F2.8 STM(ホワイト)」を組み合わせることで、より機動性に優れたサイズ感と一体感のあるデザインを実現している。



【EOS Kiss X7(ホワイト)】



■価格:オープン価格



■発売日:2013年11月下旬



■生産台数:5,000台/月



※参考価格

 キヤノンオンラインショップ販売予定価格(税込)

 EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット 99,800円


詳しくはこちらを参照


キヤノン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加