ニュース

タムロン 150~600mmまでカバーする超望遠ズームレンズを開発

2013.11.08

 総合光学機器メーカーの株式会社タムロンは、150mmから600mmまでをカバーする、超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) 」を開発、発表した。

 最新のeBANDコーティングと、異常低分散ガラス (LD)3枚の採用により、高い光学性能を実現。また、手持ち撮影の可能性を広げる手ブレ補正機構「VC」と高速AFを実現する超音波モーター「USD」の搭載、フレアー、ゴーストの原因となる光の反射を大幅に抑制する、先進のコーティング技術「eBANDコーティング(イーバンド・コーティング)」、さらに、高級感ある新しい外観デザインを採用し、全く新しい超望遠ズームレンズとなる。この150-600mmは、望遠撮影による映像表現の領域を自在に広げ、写真家を魅了するものとなっている。

 また、2013年11月7日~11月11日にフランス・パリで開催される「サロン・デ・ラ・フォト2013」タムロンブース、ショーケースにてレンズサンプルを展示する。



【SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)】



※価格・発売時期は未定



●商品特長



1.超望遠撮影で多用される焦点域150-600mmをカバーする4倍ズームレンズ



2.トップクラスの画質を実現



3.テレ側を600mmまで伸ばしながらも、レンズの大型化を抑制



4.美しいボケ描写



5.手持ち撮影の機会を増やす手ブレ補正「VC (Vibration Compensation) 」機構搭載



6.快適AF



7.端正で高級感ある新しい外観デザインを採用



8.操作しやすい三脚座



9.SILKYPIX Developer Studio for Tamron タムロンSPレンズ専用版を付属


詳しくはこちらを参照


タムロン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加