ニュース

SL銀河鉄道(仮称)地上設備について

2013.09.13

 東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社では、盛岡駅構内西口において、現在復元中のC58 239を迎えるための転車台などの基礎工事を行なっているが、SL検修庫(車庫)のデザインが決定した。

 盛岡駅構内西口にある転車台を改修し、その付近にSL検修庫(車庫)を新築するもので、車庫の外壁を旧国鉄時代の盛岡工場を想起させるような煉瓦調とし、大きなアーチ窓が特徴的なデザインとなっている。完成は11月末頃を予定している。

 また、釜石線で運行するために、遠野駅で給水設備、釜石駅では車庫・転車台・給水設備などの整備を行なう。

 C58 239の復元状況については、現在、大宮総合車両センターで解体・整備が進められているが、製造から73年が経過しており、修繕が必要な箇所が多く発見されている。12月末頃までに復元工事を行ない、その後、試運転を行なった後で岩手県内でも試運転・訓練運転を行なう予定となっている。



▲SL検修庫完成後のイメージ図

P:JR東日本盛岡支社プレスリリースより


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本盛岡支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加