ニュース

新幹線車輌基地一般公開「新幹線ふれあいデー」開催

2013.08.22

 西日本旅客鉄道株式会社では、10月20日(日)に博多総合車両所を「新幹線ふれあいデー」として一般公開する。



○開催日時

 平成25年10月20日(日)10:00~16:00

 ※荒天の場合は中止



○場所

 博多総合車両所



○各種車輌の見学・紹介

(1)最先端技術の「新幹線運転台見学」

 N700系(N編成16輌)・700系(B編成16輌)の運転台見学。

※新幹線運転台見学は、官製はがきによる事前申込で600組の抽選となる。

※希望の編成を選択することは不可。

【申込方法】

 官製はがきに郵便番号、住所、氏名(1組4名まで)を記入の上、新幹線運転台見学事務局まで郵送する。(車いすを利用の方はその旨を記入すること)

【応募先】

 〒810-8799 郵便事業株式会社福岡支店留置「新幹線運転台見学事務局」宛

【申込締切】

 平成25年9月27日(金)必着



【問合せ先】

 TEL 080-1719-0401(新幹線運転台見学事務局)

 9月2日~9月27日 10:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日を除く)

※当選者については、事前抽選後、10月初旬に「当選はがき」を発送する。



(2)人気車輌の展示および見学

 ドクターイエロー(新幹線電気軌道総合試験車)、0系新幹線、WIN350(高速試験車輌)、100N系(グランドひかり2階建食堂車)を展示。

 WIN350(高速試験車輌)、100N系(グランドひかり2階建食堂車)は、車内見学も可能。

 ドクターイエローは、業務の都合上、展示できない場合がある。



○鉄道を支えるさまざまな技術

(1)保守用車展示

・線路や架線、トンネルの検査、補修などに使用される施設、電気の保守用車を展示し、係員が車輌の案内をする。また、お子様用制服を着用しての写真撮影も可能。

(2)台車検修場開放

・台車走行試験装置の見学や各種台車、モーターを展示する。

(3)車輌ジャッキアップ

・新幹線をリフティングジャッキで車輌を持ち上げる様子を見学可能。

(4)救援連結器の取り扱い模擬実演

・新幹線の救援連結器の取り扱い作業を見学可能。

・救援作業以外の時間には、車輌の前でお子様用制服を着用しての写真撮影も可能。
(5)パンタグラフの動作体験

(6)新幹線の歴史パネル展

・惜しまれつつ引退した0系車輌、最先端技術を極めたN700系車輌などをパネルで紹介。



○各種イベント

(1)カンセンジャーショーの開催

・ステージ上で新幹線車内のマナー向上についてイベントショーを行う。

(2)本部棟の屋上展望台と展示室の公開

・本部棟の屋上から博多総合車両所が一望でき、高架橋を走行する九州新幹線を見ることができる。また、一階の展示室には0系新幹線の運転台や新幹線のNゲージなどもある。

(3)ミニ新幹線乗車会

(4)新幹線と綱引き大会

(5)ステージイベント

(6)カードラリー



○その他

(1)物販コーナー

・弁当や飲料、鉄道グッズの販売を行う。(鉄道部品の販売は無し)

(2)博多南線臨時列車

・10月20日は、博多駅発を3本、博多南駅発を5本増発。

(3)無料シャトルバス

・博多南線の列車ダイヤに合わせて、博多南駅前ロータリーから会場までのシャトルバスを運行する。


詳しくはこちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加