ニュース

元祖トロッコ列車〈清流しまんと号〉リニューアル

2013.07.30

 四国旅客鉄道株式会社では、国鉄初のトロッコ列車として昭和59年のデビュー以来、予土線で多くのお客様にご利用いただいた〈清流しまんと号〉について、平成25年8月31日まで現行デザインで運行し、平成25年10月5日(土)より水戸岡鋭治氏のデザインによりリニューアルした車輌で運行を開始する。



○リニューアル車輌の概要

 牽引車輌のキハ54形式車輌とあわせて、鮮やかな山吹色をまとった外装とする。トロッコ車輌のインテリアも、山吹色をアクセントカラーに、木のぬくもりを演出する空間とする。また、防雨・防寒のための着脱式シートを設置するなど、より快適に利用できるトロッコ列車にリニューアルする。



(1)デザインコンセプト

 貨車を改造したトロッコ車輌の素朴さや楽しさを、山吹色のボディーで表現。このカラーリングは元気を感じられる色であり、鬼北地域の田園風景・四万十川流域の川や山々の緑に映える色でもあり、木漏れ日と、山吹色のテントからのやさしい光につつまれる車内を、四万十川の雄大な自然を楽しめる特等席としてしつらえた。

(2)定員

 40名(現行と同じ)

(3)リニューアルデザイン



※イメージ P:JR四国ニュースリリースより

(4)名称

 「しまんトロッコ」



○秋シーズンの運転日

 10月、11月の土曜、日曜、祝日



○運転時間・トロッコ乗車区間

(下り)〈しまんトロッコ1号〉窪川 15:01発→土佐大正 15:32→【トロッコ乗車区間】→江川崎 16:25→宇和島 17:44着

(上り)〈しまんトロッコ2号〉宇和島 11:32発→十川 12:54→【トロッコ乗車区間】→土佐大正 13:20→窪川 13:51着

※座席指定券 大人510円 小児250円(トロッコ車輌のみ指定席となる)



○その他

 8月31日の現行車輌での運転終了にあわせ、記念乗車証の配布及び記念ツアーを実施予定。


詳しくはこちらを参照


JR四国 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加