ニュース

流山温泉駅設置の200系撤去

2013.05.24

 北海道旅客鉄道株式会社では、流山温泉駅(亀田郡七飯町)駅前広場に設置していた200系新幹線車輌(3輌)を撤去する。これは、平成14年4月に函館本線の新駅として開業した流山温泉駅に、北海道新幹線開業の架け橋となるよう想いを込めて、200系新幹線車輌を同駅前広場に設置したものだが、当初の目的であった北海道新幹線の誘致について札幌延伸が決定し役割を終えたことと、設置後10年以上経過し車輌の老朽化が激しいことなどから、このたび全車輌を撤去することが決定した。



【撤去スケジュール】

 平成25年5月下旬~ 仮設工事

 平成25年6月    車輌解体・撤去工事

※平成25年6月末までに工事完了予定


JR北海道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加