ニュース

東京メトロ「非常時用走行バッテリーの走行実験」実施

2013.04.25

 東京メトロでは、震災等の影響により停電が発生したときに、駅間に停止した列車が最寄り駅まで自力で走行するための非常時用走行バッテリーの研究を進めているが、4月30日から非常時用走行バッテリーによる車輌の走行実験を開始する。

 震災等により駅間に列車が停止した場合、安全を確認した上で最寄り駅まで走行し、乗客を下車させることを基本としているが、停電が発生し列車が走行できなくなった場合には、駅員が救援に向かい乗客の安全を確保し、トンネル内を徒歩で避難させている。

 非常時用走行バッテリーは、通常時は架線などの電力供給源から充電し、非常時は車輌に電力を供給することで駅間に停止した列車を停電時でも最寄り駅まで自力で走行させることを可能とするもので、乗客を安全かつ迅速に避難させることが可能となる。

 この走行実験により性能の検証などを行い、今後、搭載の可能性について検討する。

 

▲非常時用走行バッテリー

P:東京メトロ ニュースリリースより


こちらを参照(pdf形式)


東京メトロ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加