ニュース

JR貨物 3月25日より〈福山レールエクスプレス号〉運転開始

2013.03.19

 JR貨物は、東京貨物ターミナルと吹田貨物ターミナルとを6時間50分で結ぶ、東海道線直行貨物列車〈福山レールエクスプレス号〉を3月25日から運行する。

 この列車は福山通運(株)と提携して実現した専用の直行貨物列車で、東京―大阪間を毎日1往復運行し、上下合わせて大型トラック80台分の貨物を輸送する。



■運転開始日

 2013(平成25)年3月25日(月)



■運転時刻

【下り】

 東京貨物ターミナル22:47→吹田貨物ターミナル 5:34



【上り】

 吹田貨物ターミナル22:55→東京貨物ターミナル 5:38



■列車編成

 1列車あたり 機関車+コキ100系コンテナ貨車×20輌



■輸送量

 1列車あたり 31ftコンテナ×40個(1往復で合計80個)



■運転日数

 年間300日



■輸送品目

 福山通運(株)取扱いの積み合せ貨物



 なお、この列車の運行により、CO2の大幅な削減が図られる(CO2削減量:17,224t/年間)。



▼3月25日より運転する〈福山レールエクスプレス号〉のイメージ。



P:JR貨物 ニュースリリースより


福山通運 ウェブサイト


JR貨物 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加